Skip to content

弥生会計16「MSVCP120.dll」ファイルが見つからない

Posted in アプリケーション


事務の方のPCをセッティングする際、うちの事務所は弥生会計を使います。

弥生会計16をWindows10のPCにインストールする際、起動後に「MSVCP120.dll」ファイルが見つからないというようなエラーメッセージが表示される場合があります。
 
私の解決方法を下記にメモしておきます。

 

事務パソコン作業環境

 
OS: Windows 10 Pro 64bit
弥生会計 バージョン :16

 

試してみたこと

 
・Visual Studio 2013 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ をインストールします。
  ↓ ↓
 https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=40784
 
・日本語
 vcreist_x86/exe をダウンロード後インストールします。
 
・弥生会計をインストールしてください。起動が確認できると思います。
 

なお「弥生会計17」をWindows 10 Pro(64bit) Anniversary UpdateのPCにインストールする際には本エラーが発生しませんでした。

2 Comments

  1. やよい
    やよい

    助かりました。弥生17をインストール時にVisual Studio 2013 の Visual C++ 再頒布可能パッケージエラーがでて インストールが途中でキャンセルせざるをえなくなりました。対処に困っているところ、こちらにたどり着きました。 ありがとうございました。

    2017年4月13日
    |Reply
    • mocha
      mocha

      やよい さん

      コメントありがとうございます。弥生17でもエラーが出たのですね。お役に立てて良かったです。

      2017年4月13日
      |Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA