Skip to content

YAMAHA RTX1210にNetVolante DNSを登録する

Posted in ネットワーク機器, and 技術メモ


会社にサーバを立てて外部からアクセスしたいと思っても弊社ではグローバルIPは契約していません。
大体の業者に相談してもグローバルIPの契約を勧められる。
頻繁では無いがメンテナンスを考えてVPNを張ってリモートで操作できる環境を作っておきたい。
その手続き内容を記録。

YAMAHAの機器を使用しているのでサービスとしてNetVolante(ネットボランチ)を利用できることに気が付く。
ルータのターミナルから操作

※ルータのホスト登録を確認
# netvolante-dns get hostname list all

登録されていない場合は何も表示されない。

(Netvolante DNS server 1)
PP01 ***.aa*.netvolante.jp
↑登録されている場合はこのように表示されます。

※ホストの登録
# pp select 1
pp1# netvolante-dns hostname host pp [登録したい名称] pp1# netvolante-dns go pp 1

(Netvolante DNS server 1)
[******.aa*.netvolante.jp] を登録しました

※ホスト登録完了したらルータコンフィグに設定を書き込む
# pp select 1
pp1# netvolante-dns hostname host pp server=1 [登録した名称].aa*.netvolante.jp
save

※アドレスが変更された場合に自動で更新する設定
# pp select 1
pp1# netvolante-dns use pp server=1 auto
save

※これで設定完了。設定情報を確認。

# pp select 1
pp1# show status netvolante-dns pp

(Netvolante DNS server 1)
ネットボランチDNSサービス: AUTO
インタフェース: PP[01] ホストアドレス: *****.aa*.netvolante.jp
IPアドレス: 123.123.123.123(ここはその時のIPアドレス)
最終更新日時: 2016/09/33 25:52:01
タイムアウト: 90 秒

(Netvolante DNS server 2)
ネットボランチDNSサービス: AUTO
インタフェース: PP[01] ホストアドレス:
IPアドレス:
最終更新日時:
タイムアウト: 90 秒

以上終了。以外に簡単。
この後はリモート接続の為の設定をメモする。

Be First to Comment

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA