Skip to content

TortoiseGit環境の構築

Posted in その他, and 構築事例


Gitでソース管理を行おうと考えていますが、コンソール操作がメインでGUIで操作を希望する方も多いと思います。
今回はオープンソースのGitクライアントとしてGUIで操作できる「TortoiseGit」を利用してみようと思います。
その構築手順を記録します。

【0、事前準備】

「TortoiseGit」をインストールする前にGit本体を入れておく必要があるようです。
こちら(https://gitforwindows.org/)から取得します。
この記事を書いている時点ではバージョンは2.18.0(Git-2.18.0-64-bit.exe)でした。
インストール方法は「Windows上にGitを構築」の記事を参照にしてください。

【1、TortoiseGitをダウンロード】

こちら(https://tortoisegit.org/)から取得します。
この記事を書いている時点でのバージョンは2.7.0(TortoiseGit-2.7.0.0-64bit.msi)です。
本稿もこのバージョンの情報に沿って記述いたします。
ついでに日本語パッケージもダウンロードしておきます。「Language Packs」からJapaneseを選択します。ここでも32・64bitが分かれていますので必要に応じる方をダウンロードしてください。

今回はOSが64bitですので64bit版を選択、32bitの場合はそちらを選択してください。
いつものセットアップ画面です。「Next > 」を押します。

ライセンス関係です。読めないのでそのまま「Next > 」を押します。

SSHクライアントの選択です。今回はTortoiseGitで提供されているものをそのまま使用しますので上段を選択して、「Next > 」を押します。

インストール先とインストール内容を確認します。そのまま「Next > 」を押します。

最終確認。そのまま「Install」を押します。

インストールが始まります。あっさり終わってしまいます。

インストール終了しました。下段にチェックが入っていると、そのままセッティングウィザードが動きます。

今回は誤ってそのまま下段「Run first start wizard」にチェックが入ったまま進めてしまってます。
本来はすべてのチェックを外して日本語パッケージのインストールを行います。

日本語パッケージのインストールをしないまま進めると、「English」しか選択肢がありません。「Refresh」を押しても無駄です。

インストールはこの画面のまま置いておいて、はじめにダウンロードしておいたLanguage Packsをインストールします。

Language Packsのインストールはすぐに終了します。完了ボタンで終了してください。

その後、そのままにしておいた、TortoiseGitのインストール画面に戻り、「Refresh」ボタンを押してください。
日本語が選択できるようになりました。

一旦、キャンセルでウィザードを終わらせて詳しいセッティングは次回です。
次回からはこの「TortoiseGit」のセッティングについての説明になります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA