Skip to content

中古で遊ぶ「監視カメラ構築」編その1

Posted in 技術メモ, and 構築事例


いつものようにヤ○オクで何かおもろいもの無いかと物色していると1つのカメラ(監視)が目に付いた。
SONYさんの中古品で型式が「SNC-P5」。
それなりに年式が古くなったものだからお安いおもちゃ認定で1台ゲット。

会社で工場と事務所に分かれているのと警備は入っているけどセキュリティの甘さを親会社から指摘され検討に。
工場でケガとかされた時の状況のわかんないのはまずいねってなって導入を検討することとなったんだけれど、今期は予算が無い!(まだ9月ですが…。)

仕方ないから遊び込みで中古品で何かできないか自分なりに試行錯誤。
ハードはどのくらいするのかを調べている内に物欲が出てきてまずは購入!
本体(カメラ)+固定台+ACアダプタ+電源ケーブルのセットで4,000円チョイ。手ごろな遊び道具を手に入れたので構築を行う。
その備忘録じゃないけど、設定構築手順を残す。。

まずはスペック
http://www.sony.jp/snc/products/SNC-P5/

・33万画素の光学3倍ズーム
・内蔵マイク
・動体検知

画素数は入門機ですのでこんなもんか。マイクは正直まだ必要じゃないけど。
動体検知は助かる。無尽蔵で記録していてはHDDの容量が持たん。人の出入りは少ないところは動体検知にしてよっぽどのところでは検知のメールを流す。

残念な点はPower over Ethernet(PoE)に対応していないのは残念けど、無線LANに対応しているらしく、こっちはこっちで利用してみますか。

カメラヘッドのパンとチルトはちょっと物足りない。(パン:水平方向角度、チルト:上下方向角度)
広角レンズじゃないから事務所と小さな倉庫向き。あとは暗視モードは無いので暗い場所の監視は向かないかな。

これを使える環境を構築していきます。

Be First to Comment

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA