Skip to content

Linux CentOS6.8 Apacheが起動せぬ?!

Posted in Linux系, and オペレーティングシステム


コトの起こりは突然に…

ブログのレスポンスが悪いので最近していなかった再起動でもしてみる。(←Windows黎明中期のお約束)
利用環境は「さくらのVPS」なので「CentOS6.8」なので、管理コンソールから

# shutdown now

・・・・なかなか落ちないな…。

5分経過。。

・・・・なかなか落ちないな…。
やっちゃえ!
管理コンソール画面から

落ちたことを確認して、起動!
5分くらい放置。

その後コンソール画面を開いて、

# /etc/rc.d/init.d/httpd restart
httpd を停止                                               [  OK  ]
httpd を起動中: (98)Address already in use: make_sock: could not bind to address [::]:80
(98)Address already in use: make_sock: could not bind to address 0.0.0.0:80
no listening sockets available, shutting down
Unable to open logs
                                                           [失敗]

ん?[失敗]?
ググってみると、他のプロセスがポートを占有しているようだ。誰だ!?

自作自演かよ?!

さらに調べると
httpdが異常終了して古いhttpdプロセスが残っていることが原因。
との文言を発見。
ではコイツをなんとかします。
始めにApacheのプロセスを確認します。lsofコマンド

# lsof -i | grep http
httpd    1581   apache    4u  IPv6  90360      0t0  TCP *:http (LISTEN)
httpd    1581   apache    4u  IPv6  90360      0t0  TCP *:http (LISTEN)

1581のプロセスIDを持つものがいる。これが占有の元凶。killでキルします。

# kill -9 1581

これで消えます。
再度起動させる。

# /etc/rc.d/init.d/httpd restart
Stopping httpd:                                            [  OK  ]
Starting httpd: Apache/2.2.15 mod_ssl/2.2.15 (Pass Phrase Dialog)
Some of your private key files are encrypted for security reasons.
In order to read them you have to provide the pass phrases.

Server onaraboo.com:443 (RSA)
Enter pass phrase:

OK: Pass Phrase Dialog successful.
                                                           [  OK  ]

途中のパスフレーズはhttps対応のパスフレーズを入力になります。
これで起動できました。
色々な原因で急に動かなくなることはよくあること。
細かい内容でもメモがあればどこかで助かります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA