Skip to content

Visual Basic.NET SQLiteの利用②

Posted in Visual Basic .NET, プログラム関係, and 技術メモ


データを更新・削除するロジックサンプル

前回記事はSELECT文を発行してデータを取得するロジックでしたが、今度はINSERT文のサンプルロジックです。

前回の記事

Visual Basic.NET SQLiteの利用

なお、このブログ内に記載しているソースの転載・転用については何も縛りはありません。
ご使用の状況の如何に問わず、作者たる当方は結果についてその責任を一切負いません。ご使用は自己責任の範囲でお願いいたします。


    Private Function SQLite_Insert(ByVal GetData As DataTable, ByVal strSQLiteDB As String) As Boolean

        SQLite_Insert = False

        Try

            'データベースファイルの存在確認
            If System.IO.File.Exists(strSQLiteDB) = False Then
                '存在しない場合はエラーを出力して終了する
                MessageBox.Show("エラー", "エラーが発生しました。", MessageBoxButtons.OK, MessageBoxIcon.Error)
                Return False
                Exit Function
            End If

            Dim Connection As New SQLiteConnection
            Dim Command As SQLiteCommand
            Dim DataExecute As Integer
            Dim strSQL As String = String.Empty

            '接続文字列を設定
            Connection.ConnectionString = "Version=3;Data Source=" & strSQLiteDB & ";New=False;Compress=True;"

            'オープン
            Connection.Open()

            'コマンド作成
            Command = Connection.CreateCommand

            For intI = 0 To GetData.Rows.Count - 1

                'データテーブルの内容をSQLでDBに書き込む
                '<<< SQLで挿入【NM01TOKU】 >>>
                strSQL = "INSERT INTO 得意先マスタ VALUES "
                strSQL += "(" & CType(GetData.Rows(intI).Item("得意先コード").ToString, Long)
                strSQL += ",'" & GetData.Rows(intI).Item("得意先名称1").ToString.Replace("'", "") & "'"
                strSQL += ",'" & GetData.Rows(intI).Item("得意先名称2").ToString.Replace("'", "") & "'"
                strSQL += ",'" & GetData.Rows(intI).Item("大分類コード").ToString & "'"
                strSQL += ",'" & GetData.Rows(intI).Item("中分類コード").ToString & "'"
                strSQL += ",'" & GetData.Rows(intI).Item("小分類コード").ToString & "')"

                'SQLをセット
                Command.CommandText = strSQL
                'データ更新
                DataExecute = Command.ExecuteNonQuery()

            Next

            '破棄
            Command.Dispose()
            Connection.Close()
            Connection.Dispose()

            Return True

        Catch ex As Exception
            'ここでエラー処理
            Return False

        End Try

    End Function

このサンプルではDataTableで格納されているデータをSQLite上の得意先マスタに格納しているサンプルです。
INSERT時に.Replace(“‘”, “”)しているのは得意先名称1・2に「’」が登録になっていることの対応処理です。

まだまだ応用や使い道について調べてメモします。次回へ続きます。

Be First to Comment

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA